超便利なタブブラウザ

僕もつい最近まではずっとIEだったわけです。つまりOSに最初から付いているインターネット・エクスプローラーを使っていたし、それ以外のものを使うなんて考えてなかった。しかし「タブブラウザ」という言葉をネット上で見かけて、「どんなブラウザなんだろう?」と少しずつ興味を持ちました。

それにセキュリティーという事を考えると、一番狙われやすいのは、やはりたくさんの人が使っているIEなので、他のブラウザに乗り換えるのはそういった面からもメリットがあると思いました。そしてそんな事を考えているときに出会ったのが Mozilla Firefox でした。


フォルダごと立ち上がる

例えば毎日巡回する情報サイトが10個あるとします。それらの10個のサイトを順番に見るだけじゃなく、互いに見比べたりして、吟味・熟慮したいとします。これまでの僕ならタスクバーを2段にして、可能な限りIEを複数立ち上げていました。

しかしFirefoxならば、そのような面倒な事をする必要はありません。巡回したい情報サイト10個をひとつのフォルダに入れておきます。そしてそのフォルダにカーソルを合わせてジョグダイヤルをワンクリック!すると、10個情報サイト全てが立ち上がります。あとはタブを切り替えて巡回すればいいわけです。

そして、よく巡回するフォルダを個人用ツールバーフォルダに入れておくと、フォルダがツールバーに表示されるので、例えば@ニュース系サイトを10個入れたフォルダA食べ物系サイトを10個入れたフォルダB音楽系サイトを10個入れたフォルダ、この3つを個人用ツールバーフォルダに入れておきます。

そうすると@ABのフォルダがツールバーに表示されるので、@からA、AからBの画面変更(10個のサイト全てへのアクセス)がワンクリックで出来てしまうという便利さです。

しかもこのフォルダをスタートページに指定できます。つまり@をスタートページに指定すると、Firefoxを立ち上げれば10個のニュース系サイトが開くということです。ネットのヘビーユーザーにはたまらない仕様になっています。

ダウンロードはこちらからどうぞ


前の記事へ 次の記事へ
TOPへ戻る