主な株価指標

・一株利益

一株利益は当期利益を発行株数で割った数値です。当期利益は企業の最終利益であり、その利益を一株に対してどのくらいあるかを算出した数値です。

一株利益(円)=当期利益÷発行株数

株式市場に上場されている企業には最近上場したばかりの小さな企業から超大型企業まであり、それらの企業の成長性や健全性を比較する際、売り上げの規模や利益の金額では公平な比較ができません。これらを比較する場合、発行されている株数の一株あたりで換算して比較すれば、公平な比較が可能となります。

株価の水準は、ある程度この一株利益の水準で決まってきます。銘柄選択においては、一株利益の数値の大きさと利益の伸び率によって、株価に大きなインパクトを与えることになりますので、常に注視しなければなりません。

・PER

株価収益率ともいい、収益力から株価の割安さ・割高さを測ろうとする指標。

株価÷1株利益(1株あたり当期利益)

株価が1株利益の何倍かによって株の割安さ・割高さを測る。
比較の対象は同じ業種で考えるのが普通です。今最も注目されてる業種と投資家の関心度が低い業種で比較しても意味がありません。これからビジネスチャンスが増えて利益が拡大しそうな業種の銘柄は多少割高でも買われるものである。

どうしても異業種の銘柄を比較したい場合は、それぞれの業種の業種平均PERと比べて何%割安か?と考えるのがよいでしょう。

・PBR

PBRとは株価純資産倍率と呼ばれています。その企業の純資産を発行株数で割ったのが一株純資産ですが、株価はこれの何倍にあたるかと言うものです。純資産とは資本金や余剰資金の合計で、株主資本とも言います。

PBR=株価÷1株純資産

一株純資産というのは、会社が解散した時に株主に分配される資産なので、解散価値とも呼ばれる。つまり、
PBRが1を割ると、株価はその企業の解散価値以下になってしまってるということを意味します。
つまり株価が以上に低く評価されているわけです.その企業を買収したいとすると、企業と交渉するよりも株を買い集めるほうが安く上がるというわけです。


前の記事へ 次の記事へ
TOPへ戻る