小さなおうち・ポケットハウス

これは晩婚化・単身世帯の増加に向けての新しい動きなのか?しかしミニ戸建・狭小住宅と呼んでもいいのだろうか?


NEWS 「小さなおうち」 by新建ハウジングWEB


木材加工・販売の宇都(うと)製材所(宮崎県小林市)はこのほど、本体価格を300万円程度に抑えた小型2×4住宅「小さなおうち・ポケットハウス」の 企画・販売を始めた。子供の勉強部屋や若年層のスターターハウスとしての販売実績が伸びるなど好評で、近く全国の工務店・不動産会社を加盟対象に「小さな おうち友の会」を立ち上げる。

 「小さなおうち・ポケットハウス」(以下「ポケットハウス」)は、2×4構造で平屋+一部ロフト付き、3〜20坪程度の小規模なもの。シングル屋根に外 壁はサイディング、内装はフローリングに壁材としてOSB合板を用いる。価格はバルコニー付きで1階床面積7・5坪の「ポケット・フォレスト」(写真) が、設備を含まない本体価格で325万円と低価格だ。

 同社営業企画部では「工法自体は珍しい物ではないが、リゾート地の宿泊施設などでしか見かけなかった小規模住宅に『住む』という考え方は今までなかったのでは」(立箱尚登部長)と話す。

 同社では、2003年にモデルハウスを3棟建築。特に宣伝はしなかったが、土日で8組が実物を見て相談に来るなど反響が大きく、その後半年で10棟を受注した。

 立箱氏は「いわゆるローコスト住宅ではなく、車を買うのと同じレベルで考えられる『遊び感覚の家』として評価されている。また、親と同居している世代の関心も高い」としている。

 全国での普及を目指し、新たに立ち上げる「小さなおうち友の会」では、一般的なFC・VCとは異なり工法や部材の供給は行わない。入会金30万円で商標 が使用でき、地域に合わせて値段設定をした社名入りカタログ制作、図面・実行プラン制作は有料で請け負う。

 同社代表の宇都求氏は「ポケットハウスが住宅の新たなカテゴリーとして認知され、各地の地元企業によって普及するよう支援していきたい」と、意気込みを見せる。

■宇都製材所
TEL:0984-23-6111


「ポケットハウスが住宅の新たなカテゴリーとして認知され、各地の地元企業によって普及するよう支援していきたい」

まだ始まったばかりの企画という事か・・・

一番大きいプランで、設備費別で本体価格+建設費で325万円・・・


安い!確かに安いが・・・


これを買うという事は一生独身もしくは週末婚(別居夫婦)でないと無理っぽいな・・・家族で住むには狭いもの。


今現在僕が知り得た唯一の取扱店が画像の転載元でもあるここであります。普及にはまだまだ時間がかかりそうな気がする(汗)

一応プラン別の概略書いときます。

325万円のプラン

1階床面積 24.84u(7.50坪)
ロフト面積   11.59u(3.50坪)


250万円のプラン

1階床面積 24.○○u(7.○○坪)
ロフト面積  12.○○u(3.○○坪)  すいません読めない(涙)


195万円のプラン

1階床面積 17.39u
ロフト無し


前の記事へ 次の記事へ
TOPへ戻る