様々な選択肢

シングルズの住居選びで重要なのは大家族が住むような大きな物件を選ばない事です。建物,敷地面積共に大きくなればなるほど、固定資産税などの維持費が高くつきます。考えられる選択肢を検証してみたいと思います。


ミニ戸建

最近はミニ戸建がひそかなブームなのでしょうか?9坪ハウスや狭小ハウスなど、魅力的な商品が我々消費者の関心をそそります。ミニ戸建なら後に結婚して家族が増えた場合でも、3階を増築するなどのフレキシブルな対応が考えられます。僕自身はミニ戸建が一押しなんですよ〜(笑)


マンション

便利という点ではマンションが1番かもしれません。オートロック,宅配BOX,常駐管理人など、あとセキュリティーの面でも優れています。ただ不安な材料もありまして、数年後マンションは供給過剰になり人気のある物件とない物件に二極化するらしいのです。入居者の少ないマンションはスラム化して不法入国者,犯罪者,売春宿の温床になるのではないか?というおっかない噂があるので、物件選びは慎重に!


一生賃貸

「賃貸vs持ち家どちらが低コストか?」という議論が常にあるようですが、その議論とはまったく関係ない理由で僕は賃貸を終の住まいにするのはお薦めできません。
もし貴方が定年後に年金で生計を立てているとして、貴方が住んでいるアパートの所有者がアパートを売りたいので、退去して欲しいと言われたら、貴方は新しい賃貸物件を探さなくてはなりません。無職の老人に部屋を貸したがる大家さんを見つけるのは非常に難しいそうです。ぜひとも住居は最終的に買う方向で考えたほうがよろしいかと思います。


実家にパラサイト そして・・・

両親が存命中は実家にパラサイトして、貯蓄しまくる!両親がお亡くなりになられたら住居を相続し、痛みの激しい所だけリフォームして自分が暮らす。
自活してる人(←俺)が馬鹿をみるようでイヤですがコスト的にはこれが最強なのか?



・・・・・ 次の記事へ
TOPへ戻る