ローコスト住宅を扱う建築メーカーおよびプランを紹介します。


ローコスト狭小住宅A
株式会社 ヒラキハウジング

この規格「建つんです500」が出来たのは、平成2年と平成8年の大型台風が九州に上陸した時、先代が建てた築40年の家の屋根が被害に遭い、屋根の改修をお客様(老夫婦)より依頼がありお見積もりを承りました。

瓦及び小屋裏外壁部分を含める大改修のため、金額も500万と思ったより多額になり、その事をお客様と打合せしている間老夫婦より「社長、もう私達も若くはなく、後何年ここに住むかもわからない。こんな大きな家もいらんし子供も家を出たので、後から老後の収入として借家にも出来る平屋を500万位で作れませんか?」との相談があり、それに共感した私達がやってみようと乗りだし、試行錯誤のうえ出来たのがこの「建つんです500」です。

これを規格するにあたり、安い住宅だからなおさら注文住宅以上の製品にすることに目標を置き商品開発に取り組み、後々のアフターメンテナンスをより少なくするような商品を遣い、一流の職人で手がけた家です。

一生の住宅に、又老後の2回目の住宅に、しいては借家計画にといろいろな用途に応じられる住宅です。
以上のように私達ヒラキハウジングはお客様よりヒントをいただき実践し、実現していきます。

前の記事へ 次の記事へ
TOPへ戻る