気になる記事をピックアップして管理人が感想をぽつり。
タイトルが引用元URLへのリンクとなっております。


結婚できない男性が増加

女性の社会進出と晩婚化、あるいは女性の非婚志向と晩婚化に密接な関係があることがみても、晩婚化進行のリーダーは女性です。

ところで、ここで世代別非婚率を見て興味深いのは20歳での非婚率は男女とも96〜98%でほぼ同率あるのに対し、30歳で男性は女性の2倍の非婚率を示し、35歳で3倍、40歳で5倍の非婚率を示しているということです。

これは何を意味しているかというと、晩婚化によって結婚できない男性が増えているということです。統計的に見ると、非婚化の影響は男性側に深刻な結果をもたらしています。

女性のなかで比較的結婚志向の強い人は20代で結婚してしまい、一方結婚志向のない人は30代になってもなかなか結婚しないという現象が起きており、そのため30代後半になってやっと結婚を意識しはじめた男性は、結婚に意欲のある女性は10歳以上の離れた人たちで、自分と年齢の合いそうな人は非婚志向の人が大半ということになってしまい結婚相手探しにたいへん苦労するという深刻な側面を生み出しています。

女性の非婚化はどちらかといえば自分の意思が強く関係しているのに対し、男性は結婚したいのに結婚できないというのは統計やデータでは読みとれない社会の歪みであり、社会の不健康化を表しているといってもいいのではないでしょうか。

男性は早く結婚したほうが得?

こういった現象から判断すると、結婚したい男性はできるだけ早めに結婚しておかないと、30代後半になってしまうと相手探しに苦労するということが言えるでしょう(もちろんよほど魅力があるか収入の高い人はそれほど心配ありませんが)。

現在すでに30代後半や40歳を越えた人は、年上の女性かあるいは年齢差が大きくても20代前半の結婚意欲のある女性にターゲットを広げるとか、思い切った判断をしていかないとなかなか活路が見いだせないということになってしまいます。

男性の晩婚化の理由の一つとして挙げられるのはコンビニの普及やハイテク家電の進化によって自由気ままな一人暮らしを楽しめるようになったこと。結婚に対してのんびり構えている間に気がつけば結構な年齢になってしまった。

反対に晩婚化をリードする女性側の理由は男女雇用均等法により女性でも能力があれば男性並の収入を得る事ができるようになったため女性の社会進出、自立、つまり自分自身の意思によるものである。

(つД`)・゜・ この違いは大きい!(笑)


前の記事へ 次の記事へ
TOPへ戻る