気になる記事をピックアップして管理人が感想をぽつり。
タイトルが引用元URLへのリンクとなっております。


独女も独男も「いつかできるだろう」では、一生結婚なんて無理!?

独身男女は、もはや「婚活(結婚活動)」なしでは結婚できない時代がやってきた――。家族社会学者の山田昌弘氏と、少子化ジャーナリストの白河桃子さんの共著『婚活時代』(ディスカヴァー21携書)が、出版不況と言われる中で売れに売れている。今年3月に発行されて以来増刷を重ね、現在の売り上げは約12 万部。「婚活」は、多くの人にとっての関心事となっているようだ。
 
結婚できない男女が増えた理由に始まり、どんな婚活をすればいいか、また結婚情報サイトの見分け方など、婚活の実態や役立つノウハウなどを、1冊に渡って記している。



ではなぜ今、「婚活」が、必要なのだろうか? 山田氏は、「社会的経済的状況が変化しているにも関わらず、女性は男性に経済的に依存したいと考え、男性は「家のことは妻に任せた」的な考えが抜けず、前世代の負の遺産を引き継いでいる。

さらに両親世代がそうだったから、「自動的に結婚できるはず」と、今だに考えている節がある。しかし今や、経済格差が結婚格差を生み、一部の男性のところに女性が集中する社会になっているからだ」と、その理由を著書内で語っている。

もう1人の著者である白河桃子さんも、こう語る。

「『結婚や子育てはいつでもできるわ〜』とタカをくくっている独女や独男はとても多いのですが、それはもはや、いつでも誰でもできるものではないんです。「社内恋愛」や「お見合い」、「おせっかいおばさん」など日本人を結婚させてきたシステムが崩れ、自由恋愛市場に放り出されてしまったことで、かえって恋愛しづらくなってしまった。

「自然な出会いからの結婚」「いつか結婚できるだろう」は、もはや幻想でしかないし、それができるのは運のいい少数派だけ。だから独男と独女には、“結婚できない危機感”を持ってもらいたかったんです」(白河さん)

「日本は「結婚に向けてガツガツ活動するのはみっともない」という風潮がありますが、自分は何もしないで、ただ誰かが来るのを待つだけという傲慢な姿勢では、結婚できない時代になってしまったんです。

「ずーっと結婚しない男女が増えると少子化が進み、さらに独居老人が多い国を生み出します。女性は横の繋がり作りに熱心な人も多いですが、男性の場合、倒れても誰も頼る人がいないことで、悲しい末路を迎えてしまうかもしれません。

そして子供がいないと、次世代や他世代への関心が薄くなりがちです。「自分が死んだ後の世界には興味ない。他の世代はどうでもいい」と考える人ばかりの国って、なんだか住みにくい気がしませんか?」(同)

「結婚をしたくない人に、無理に勧めるつもりはありません。でも迷っているなら、一度は結婚した方がいい。だからそのための努力を、男女とも惜しんではいけないんです」(同)

したくないならしなくてもいい。でも結婚したい気持ちがあるなら、問題を先送りにしてはいけないことを教えてくれるのが、この『「婚活」時代』なのだ。今年の秋こそ「するかも」から「したい!」に気持ちを切り替えて、思い切って“婚活”を始めてみてもいいかも!?

・「社内恋愛」や「お見合い」、「おせっかいおばさん」など日本人を結婚させてきたシステムが崩れ

そんなシステムがあったの?「おせっかいおばさん」って・・・・(笑)

・でも迷っているなら、一度は結婚した方がいい。

ここは同意かもしれんなぁ 結婚という人生経験はあってもいいよね
ただ欧米とかは何度も結婚離婚を繰り返してもそれほど世間から白い目で見られないらしいけど
日本はなぁ バツイチとか傷物にされたとか言われたり そういう感じだしな・・・
お試し感覚ではできないんだよなぁ。


前の記事へ ・・・・・
TOPへ戻る